川崎市の皆様の相続のお悩みを解決!初回相談は無料です!

武蔵小杉駅より徒歩3分

LINEで相談予約

お電話でのお問い合わせ相続相談の予約フォーム

044-789-5441

受付9:30〜17:30
土日祝は要予約

相続Q&A

当事務所のQ&Aを検索する

  • 相続の悩みは、誰にどのタイミングで相談すべき?相続の相談を弁護士にする理由

    3士業別、相続における得意分野と依頼すべき内容 相続手続や相続問題の悩みを相談できる士業として、弁護士・司法書士・税理士などが考えられます。 皆様の中には、相続について悩んだ際に、どの専門家に相談したら良いか分からない、 […]
    続きを見る
  • 【2023年民法改正コラム3】所在等不明の相続人の不動産の持分取得・譲渡についての特則が制定されました

    法改正の基本的内容 相続により不動産が遺産共有状態(注:相続人全員で不動産を持ち合っている状態でまだ遺産分割が終了していない段階です)となったが、相続人の中に所在等が不明な者がいる場合があります。 そのような場合、これま […]
    続きを見る
  • 【2023年民法改正コラム2】遺産共有と通常共有とが併存している場合の特則が制定されました

    法改正の基本的内容 令和3年の民法改正(令和5年4月1日から施行)によって、遺産共有と通常共有とが併存する場合においての特則が制定されました。 これまでは、遺産共有と通常共有が併存する共有関係を裁判で解消するためには、 […]
    続きを見る
  • 配偶者居住権とは、どのような権利ですか?

    回答:配偶者居住権とは、夫婦の一方が亡くなった場合において、一定の要件を満たすときには、残された配偶者が被相続人の所有していた建物に、亡くなるまでまたは一定の期間、無償で居住することができる権利です。 配偶者居住権とは、 […]
    続きを見る
  • 相続財産である自宅不動産を取得したいと考えてはいるものの、多額の代償金を準備できない場合には、何か良い方法はありますか?

    回答:親戚などからお金が借りられれば、それに越したことはないですが、このような方法がとり得ない場合には、金融機関から金銭を借り入れて、代償金を支払うという方法が考えられます。 対象の自宅不動産を担保にして借入れを行うこと […]
    続きを見る
  • 不動産を相続し相続登記しなかった場合、どのような不都合が生じますか?

    回答:時間が経過するとともに、更なる相続が発生するなどして、相続人間の関係性も疎遠となってきたり、中には行方不明となってしまう相続人が出てきたりすることがあります。 従前、相続登記には明確な手続が定まっていなかったため、 […]
    続きを見る
  • 父が亡くなってから遺産分割協議が終わるまでの収益物件の賃料は誰のものになるのですか?

    回答:被相続人が死亡した後、遺産分割についての合意が成立するまでの間の賃料は、相続人が法定相続分に応じて取得することとなります。 被相続人が死亡した後、遺産分割についての合意が成立するまでの間の賃料は、相続人が法定相続分 […]
    続きを見る
  • 【2023年民法改正】寄与分や特別受益の主張について期間制限が設けられました!

    法改正の内容 令和3年の民法改正(令和5年4月1日から施行)によって、寄与分・特別受益の主張に期間制限が設けられました。 これまで遺産分割の手続きにおいて、寄与分や特別受益の主張をすることについて期間制限はなく、長期間放 […]
    続きを見る
  • 遺産である賃貸物件から発生する収益を1人の相続人が独占している場合どうすれば平等に分配できますか?

    回答:遺産分割についての合意が成立するまでの間の賃料は、相続人が法定相続分に応じて取得することとなります。 被相続人が死亡した後、遺産分割についての合意が成立するまでの間の賃料は、相続人が法定相続分に応じて取得することと […]
    続きを見る
  • 遺産に収益物件が含まれている場合、遺産の評価額を決めるにあたって注意すべきことはありますか?誰に相談するのが良いのですか?

    回答:遺産分割協議においては、不動産の評価方法が問題となります。 まず、遺産分割における不動産の評価については、相続税申告の際における相続税評価額のように決まった計算方法があるわけではありません。そのため、遺産分割協議に […]
    続きを見る
PAGETOP PAGETOP
60分初回相談無料

044-789-5441

受付 9:30〜17:30
土日祝は要予約