川崎市の弁護士が皆様の相続のお悩みを解決!

武蔵小杉駅より徒歩3分

LINEで相談予約

お電話でのお問い合わせ相続相談の予約フォーム

044-789-5441

受付9:30〜17:30

相続でお困りの方へ

いつ、相続が起きるかは誰にも分かりません。身近な方が亡くなったとき、大きな喪失感が生じますが、それに伴って相続争い(いわゆる「争続」)が発生すると、その精神的な負担は計り知れません。

例えば、当事務所に相談に来られた例として、以下のようなものがあります。

  • 兄から、理不尽な遺産分割協議書に判を押すように強要された
  • 母と姉が結託して、後継者であった自分に不利な遺産分割を進めている
  • 父の遺言書が見つかったが、生前に父がいっていた内容と大きく異なり、本当に父が作成したのか、疑わしい
  • 父親が亡くなって相続人を調べていたところ、腹違いの兄が見つかった。会ったこともない人と遺産分割できるのか自信がない

遺産分割で相続人同士が揉める主な原因は、当事者のうち、誰かが自分の都合の良いように、法律での決まりに反して、理不尽な要求を通そうとしているためです。

こうした理不尽な要求に対しては、相続人が当事者同士で話し合っても埒が明かず、争いは長期化し、精神的に消耗戦になってしまい、大きな声で理不尽なことを言ったものの主張が通ってしまうこともしばしばです。

このような場合、 弁護士に相談をしてくれれば、最終的に訴訟になった場合の司法の判断を念頭において、あなたがどのように交渉すべきかをアドバイスすることができます。また、依頼があれば、あなたの代理人として、あなたに代わって、相手方と交渉することもできます。 

一番大事なのは、できるだけ早いタイミングで、弁護士に相談してもらうことです。一旦、当事者同士で感情的に揉めてしまうと、解決までに膨大な時間がかかることが多いのです。揉める前にご相談いただければ、迅速な解決の可能性が高まります。

また、ご相談の際は、今抱えている疑問や浮上している問題、親類縁者の状況、故人のこと、等々、より多くの情報があればあるほど、適切なアドバイスが可能になります。

当事務所の初回相談は無料となっておりますので、「争続」となる前に、ぜひ、お早めにご相談ください。

当事務所が相続問題解決に取り組む理由 ~相続問題解決への思い~

今から20年くらい前、私が弁護士になって最初に担当した事件が相続の事件でした。

会社経営者だったお父様が亡くなって、専務であった長男が後を継ぐ予定だったのですが、遺言書がないばかりに、お母様と他のきょうだいが手を組んで、長男を会社から追い出そうとしたという事件です。

この件は3年ほど争った末になんとか長男が会社を継ぐことができたのですが、その間、従業員や関係者もその会社がどうなってしまうのか、本当に心配していました。また、最終的には、長男とその家族との仲は修復不可能なものに陥ってしまいました。

このように、親がせっかく残してくれた遺産を巡って、親族間で争うことほど残念なことはありません。

当事務所では、開設後、これまで400件近くの相続相談を受けてきましたが、先にあげた例のように、最後の最後まで争った結果、その後の親の一回忌や三回忌などにすら互いを呼ばず、親戚づきあいもなくなってしまったという家族を数多く見てきました。

弁護士の力を借りた方がよいと感じられた方は、初回相談は無料となっておりますので、お気軽に、当事務所にご相談に来てください。

相続が発生している方
遺産分割でもめている
自分の相続分が侵害された(遺留分)
遺言書を発見したら
遺言書の有効性に争いがある
特別受益と寄与分
預貯金の使い込み問題
これから相続を迎える方
遺言書の作成・公正証書証書化
家族信託
相続の流れ
この記事を担当した専門家
神奈川県弁護士会所属 代表弁護士 長谷山 尚城
保有資格弁護士 FP2級 AFP 宅地建物取引士試験合格(平成25年)
専門分野相続・不動産
経歴1998年 東京大学法学部卒業
2000年 司法試験合格
2002年 司法修習終了(第55期) 東京あおば法律事務所に所属(東京弁護士会)
2004年 山鹿ひまわり基金法律事務所を開設(弁護士過疎対策・熊本県弁護士会)
2009年 武蔵小杉あおば法律事務所 開設
2014-15年 弁護士会川崎支部副支部長
2019-20年 川崎中ロータリークラブ幹事
2020年~ 法テラス川崎副支部長
専門家紹介はこちら
PAGETOP PAGETOP
60分初回相談無料

044-789-5441

受付 9:30〜17:30